圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

評判が良い圧着ハガキ業者を探す際の便利なサイト

ここの比較サイトは、周囲の評判をもとに圧着ハガキ業者をランキング形式で紹介しています。評判が良いほどランキングが高くなっていますので、評判が良い圧着ハガキ業者を探す際にはとても便利なサイトです。ここのサイトを使うことで時間をかけずに、目的の業者を探し出すことができるようになります。

ここの比較サイトには、さらに使えるコンテンツがあります。それが、圧着ハガキ業者を選ぶ際のポイントを詳細にアドバイスするコンテンツであります。このコンテンツでは、どういった視点で圧着ハガキ業者を選べば失敗しないかを分かりやすいように紹介しています。

またこの比較サイトは、サイト運営者がオススメの圧着ハガキ業者に関する情報を公開しています。どこの圧着ハガキ業者を選べば良いか分からない場合には、こうしたサイト運営者がオススメする圧着ハガキ業者を選んでも良いでしょう。

小松総合印刷

評価

顧客満足度

利便性

サービス

掲載量

 POINT 

  • はがき一枚に豊富な情報量を記載できる
  • 宛名の印字、投函作業まで一貫受注
  • 圧着用素材の種類が豊富に用意されている

最近は、ダイレクトメールを活用する企業が増えてきています。そのときによく利用されるのが、圧着ハガキという形式です。内容をはがきの受領者のみに提供したい場合や、プライベートな内容を送付する際に活用される手法です。

圧着ハガキを利用したい場合は、小松総合印刷という専門業者に委託をすることをお勧めします。この業者は、はがきなどの印刷物を専門に扱っている業者です。宛名の記載や、郵便局への投函作業まで、一貫して請け負ってくれる大変便利な業者です。

圧着に利用する素材を選択できる点も大きな魅力です。通常の素材から、鉛筆での書き込みができるタイプなど、用途に合わせて使い分けることができるため、広いニーズに対応してくれます。

公式サイトはこちら
三角の画像

ディーエムソリューションズ

評価

顧客満足度

利便性

サービス

掲載量

 POINT 

  • ディーエムソリューションズの信頼と実績
  • 圧着ハガキをはじめ多彩な発送媒体を取り揃えています
  • 広い用途で使える美しいデザイン

ディーエムソリューションズのダイレクトメール事業は、信頼と実績があります。発送代行、封入作業をはじめ、お預かりした発送データの管理なども行います。作業や発送だけでなく、デザイン、印刷まで手掛けており、ダイレクトマーケティングの効率化に最適です。

ディーエムソリューションズでは封書、販促物やパンフレットから圧着ハガキまで対応しており、各種発送媒体を取り揃えています。お客様のご予算や目的、発送内容に応じて、コストダウンをはかったご提供が可能です。

見た人の心をひきつける美しいデザインを用意しています。ポスター、カタログ、チラシなどの紙媒体や、WEB、映像制作にも使え、DMだけではないコミュニケーション活動をサポートします。

公式サイトはこちら
三角の画像

圧着DMネット

評価

顧客満足度

利便性

サービス

掲載量

 POINT 

  • DMが、お得につくることが出来る
  • 良質な圧着ハガキを簡単に作れる
  • プチ糊ポケットのDMを作ることが出来る

宣伝の方法の一つとして、基本的なDMです。圧着DMネットなら自社のニーズにあったハガキを作ることが出来ます。圧着ハガキなら受け取ったお客様がなんだろうと開ける楽しみがあります。ハガキが目に留まりやすいです。

ポストに、毎日のようにとどくDMの中から圧着ハガキの数が増えて来ました。そのなかに綺麗な印刷がやはり目を引きます。お得な価格で作ることが出来るのはとても助かります。少しでもお客様に見ていただけたら嬉しいですね。

圧着DMネットを利用して、綺麗な印刷で簡単に作れる圧着ハガキを使いDMを作り販売促進に力を入れて販売をしたいです。開けるのが楽しみなハガキが届くと嬉しいですね。

公式サイトはこちら
三角の画像

株式会社シー・レップ

評価

顧客満足度

利便性

サービス

掲載量

 POINT 

  • 制作から発送代行までワンストップで行える
  • 業務内容によって最適な販促方法を提案してくれる
  • どの段階からでも依頼ができるようになっている

株式会社シー・レップは圧着ハガキのオンデマンド出力から発送まで、全て機械で照合しながら行っています。時間を短縮ながらも、ミスなく作業が行えるのが利点です。さらに全ての工程をこの一社に任せられるので、注文する側は業務の手間を最低限に抑えることができます。

発送代行も行っているため、注文前にさまざまな相談ができるのもメリットと言えるでしょう。これまでに積み重ねた経験を活かし、圧着ハガキ内部に掲載するべき情報や最適な発送方法等をアドバイスしてもらえます。専用コンシェルジュが付いてくれるので、途中経過や結果報告もスムーズです。

印刷のみ、発送のみといった作業単位での注文も可能です。いずれかの作業工程から発送後の効果測定までといった途中からの注文にも対応しており、ニーズに合わせて利用できるのも魅力となっています。

公式サイトはこちら
三角の画像

圧着ハガキ.com

評価

顧客満足度

利便性

サービス

掲載量

 POINT 

  • 多数の圧着ハガキのタイプを印刷可能
  • お年玉付き年賀状の圧着ハガキも取り扱い
  • 環境に優しいUVニスを使用している

圧着ハガキ.comは圧着ハガキの印刷会社です。会社は三重県亀山市にあり、問い合わせはフリーダイヤルからか、FAXからもする事が出来ます。印刷注文をすると土日祝日を除いた3営業日で発送してくれてとてもスピーディな対応です。

圧着ハガキのタイプを多数用意しているので色々なニーズに応える事が出来る印刷会社です。4面や6面、往復ハガキの圧着やミシン目付きの圧着ハガキも印刷してくれます。他にもフチのみ圧着した封筒タイプや、A3サイズやA4サイズの圧着にも対応可能となっています。

最小印刷枚数は各種類100枚からとなっているので、お試し印刷として100枚の印刷をひとまず発注してみるという事も可能です。入稿方法はホームページからのオンライン入稿の他、他社アップロードサービスを通して入稿する事も出来ます。

公式サイトはこちら
三角の画像

一誠堂

評価

顧客満足度

利便性

サービス

掲載量

 POINT 

  • 通常のハガキと比べて倍以上の情報量を掲載できる
  • 機密保持にも優れているため個人情報も保護できる
  • 環境にも優しく読んだ後の処理もしやすい

一誠堂では圧着ハガキの貼り付けに、専用のニスを使用しています。これにより通常のハガキと比べて、二ないし三倍の情報を印刷することができます。類計一万枚以上の注文を受けている会社ならではのノウハウを活かし、ミスなく安価で商品を届けられることが可能です。

機密情報の保持にも優れているという点も、圧着ハガキならではのメリットです。個人情報や契約内容等の情報が郵送中に他者の目に触れてしまうこともありません。郵便法にも対応しているため、以前の郵送スタイルによっては経費を三割近くカットすることもできます。

更に圧着ハガキは開いてみないと中身がわからないため受け取った側の興味を引きやすく、内容を読んでもらいやすいという利点もあります。一誠堂が貼り付けの際に使用しているニスは環境に優しく、燃やしても有害ガスは一切発生しません。このため、内容確認後の処理も簡単に済ませられます。

公式サイトはこちら
三角の画像

サイズや内容で変わる圧着ハガキ

一枚担っている普通のハガキよりも、たくさんの情報が入るのが圧着ハガキです。また中に用紙が入っている封書より、開封も簡単に出来るのもメリットです。
他にもチラシやビラよりも心理的な効果があり、中身を確認する方法からお店や会社の販促に使えます。このサイトでは大手の圧着ハガキ業者が比較でき、圧着ハガキの種類や料金で比較をする事が出来ます。
業界でも高品質で低価格のプリントパック印刷は、VLZと折型のタイプがあります。また顧客満足度96パーセントのグラフィックは、定番のタイプがVZC折になっていて、UV圧着ハガキで多くの情報が掲載出来ます。
A4サイズの圧着ハガキもあり、お客様の開封率や反応率が高い商品です。

そして圧着ハガキの種類が多いプリントアース印刷は、V型にたてと横がありZとL型があります。
またロングサイズの圧着ハガキや、大型サイズは迫力があり注目率の高い商品になります。料金は1枚4円からになっていて、ロングや大型サイズは1000枚で60000円からになります。
創業100年の実績があるプリントハウスは、適正価格や高品質そして安心な対応が魅力です。圧着ハガキには二つ折りやZ折りそして三つ折りがあり、100枚で80000からの料金になります。またこの圧着ハガキの業者の比較サイトには、ハガキのサイズや内容の情報も掲載しています。
圧着ハガキには色々な形やサイズ、圧着の仕方や印刷などで仕上がりが全く違います。

まず圧着ハガキの違いには折型に違いがあり、VLZによって圧着面が違い開封の仕方も変わります。
V折型の場合には仕上がりが横100、たて145mmになります。この場合には見開きのサイズが、横195mmと幅が長くなります。そしてロングサイズの圧着ハガキの場合、仕上がりサイズは横113でたて230mmです。また圧着ハガキの内容には圧着の仕方に特徴があり、先糊や後糊やフィルム圧着やUVニス圧着があります。
それぞれの圧着には接着面の光沢があるのが、フィルムやUVニス圧着になります。また前面べた印刷と言ってフルカラーなのが、先糊以外の圧着の仕方でする事が出来ます。
圧着ハガキのコストが良いのは先糊の仕方で、後糊とフィルム圧着はコストは高めになります。情報印刷での使い方が良いのは、前糊と後糊の仕方で少量そして大量印刷が可能です。高画質で多品種の対応出来るのがフィルムで、少量の印刷にオススメの仕方になります。