圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > シールで圧着されたハガキのメリット

シールで圧着されたハガキのメリット

最近、よく見かける圧着ハガキ。
角に「ここからゆっくりめくってください」と表示されているハガキです。
開くと見開きになり、多くの情報が表示できるので、ダイレクトメールでお馴染みですね。
また、大切な内容が人目に触れることがないので、給与明細や請求書などでもよく使用されています。
多くの情報が伝えられ、プライバシーが守れる上に、料金はハガキ1枚分。
メリットの多いアイテムです。
経費削減効果が期待できるため、ビジネスツールとしての印象が強いですが、個人向けの可愛いポストカードセットもあります。
二つ折りカードを両面テープで圧着するもので、たくさんのメッセージを書き込むことができるので、手紙を書くのが好きな方には嬉しいですね。
ラミネーターで自作できるキットなども販売されています。
めくるときのドキドキ感が楽しめるので、プライベートでの利用もおすすめです。



中身が大事なら圧着できるハガキの利用を

ハガキを利用すれば、安く大量に、お店の宣伝やサービス内容を伝えることができます。
しかし、中には個人情報が含まれる内容もあるため、仕方なく郵便料金が高くなる封筒を利用しようと考える方もいるでしょう。
もしも、郵便料金をそのままで、プライバシーをしっかりと守りたいと考えるなら、圧着ハガキというアイテムの活用をおすすめします。
このアイテムはとても便利で、二つ折りや三つ折りの状態に圧着させますので、相手先の方が自身の手で開けるまで中身は誰にも伝わることがありません。
もちろん、一度開封したら、くっつけ直すことはできないため、気がつかれずに盗み見られるという事態も起こらないでしょう。
なお、二つ折りや三つ折りにすることで、内容を載せるためのスペースを増やすこともできます。
そのため、圧着ハガキには宣伝にも向いていますので、伝えたいことがたくさんあるなら活用しましょう。



圧着されたハガキは宣伝スペースが多いです

宣伝のために郵便物を使うのなら、伝えたいことをすべて伝えるために、圧着ハガキの活用を考えましょう。
こちらを使えば、文字や写真を掲載するスペースが多くなるので、宣伝文句を無理に削る必要はありません。
現在では、圧着ハガキを作るための自作キットの購入も可能なため、とにかく安く使いたいなら、そちらの利用をオススメします。
それなりに時間がかかりますのが、とにかく安価なので、試しに少しだけ使ってみたい方にもピッタリでしょう。
なお、大量に送ることを必要としているのなら、やはり業者に頼んだほうが無難です。
自作キットでは結構な時間を取られてしまうため、その時間を他のビジネスに回したほうが、利益を上げられるからです。
インターネットで簡単に取り引きができて、安価な料金設定の圧着ハガキ業者が複数あるため、まずはそれぞれの料金比較から始めましょう。

次の記事へ