圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > 圧着のハガキで機密情報を送信する

圧着のハガキで機密情報を送信する

金融機関などでは、定期的に口座情報などを郵送することがあります。
情報が多い場合には封筒で送られることもありますが、簡単な情報ならほんの一行ぐらいのこともあります。
しかし、普通のハガキだと誰からも内容が丸見え状態になります。
この時、圧着タイプのハガキを使うことで、機密情報を隠した状態で送ることができます。
裏面は中の情報がすけないようにしてあり、受けた人は中を開いて情報を見ます。
送信者から受取人まで、誰にも中を見られることなく情報を届けることができます。
基本的には、一旦開けると元には戻せません。
つまりは、閉じた状態にはできません。
糊などでつければはがれなくなります。
ですから、誰かが一回開けたかどうかもわかります。
それなりに粘着された状態からきれいに開けることができれば、自分が初めて開けたものであることがわかります。



圧着のハガキはどうやってついた状態を保持するか

紙同士をきれいにつけたいとき、のりなどの接着剤を使います。
ぴったりつけることはできますが、剥がすときにはきれいにはがすのは難しいです。
その他テープなどを使うこともありますが、こちらもきれいに剥がせない場合があります。
圧着タイプのハガキがダイレクトメールなどを送るときに利用されています。
はがきサイズなので、封筒よりもコストを下げることができます。
ぴったりついているので、わざわざ開けないと開きません。
一度開くと閉まらないので、開いたかどうかもわかります。
ではどうやってついた状態にするかですが、所定の素材が塗られています。
ある業者では、環境にやさしいとしてUVニスと呼ばれる素材を使っています。
普通に燃やすことができるので、通常の紙と同じように焼却などをすることができます。
環境にやさしい素材と言えます。



圧着のハガキは開きやすい加工が必要

封筒で郵便物が届いたとき、当然ながら郵便物の封を開けます。
あまりぴったりに入っていると、上の部分を切ってしまうこともあります。
封筒を開くための専用の文房具などもあるので、それらを使うことできれいに中を見ることができます。
普通のハガキであれば、特に開けたりすることはありません。
手にした状態ですべての情報が見られます。
それ以外に、圧着タイプのハガキがあります。
紙が重なっていて、その部分に情報が書かれています。
タイプで異なりますが、かなり剥がしにくいこともあります。
この時には、開きやすい加工をしておくと良いでしょう。
ずらし加工は、開く部分を少し短めにしています。
サイズが少し異なるので開きやすいです。
コーナーカットは、下の部分がカットされていて、そこから開けるようになっています。
こちらも開きやすいです。

次の記事へ