圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > 圧着のハガキを有効活用する方法

圧着のハガキを有効活用する方法

圧着のハガキは中身が見えないため個人情報が漏れる危険性がなく、ダイレクトメールで重要な内容を伝える時などに役立ちます。
送付をする時は相手が内容を理解できるように配慮し、信頼を強化できるように考えて段取りを決める方法が望ましいです。
ダイレクトメールは郵送するために費用がかかるため重要な情報に限定し、電子メールなどと使い分けると出費を減らせて効果があります。
圧着のハガキは多くの情報を送信できることが特徴で、サイズを大きくせずに済むために有意義に使うと効果が高いです。
郵便物を使うメリットは証拠として残せるためで、招待状の代わりとしても使えるため電子メールにはない特徴があります。
圧着のハガキを有効活用する方法は多くの情報を送信するために役立ち、個人情報が外部に漏れる危険性がないため目的に合わせて使うと便利です。



DMに最適な圧着タイプのハガキ

圧着タイプのハガキは、特殊な糊を塗布して圧力によって接着した物で、掲載内容が見えない状態で送れる点が特徴です。
そのため、個人情報や契約内容などを記載したハガキを送る際に役立ちますが、DMの送付にも活用でき、様々なメリットにつながります。
例えば、隠れている部分をはがして中を見たくなるという心理的な効果が働くため、一般的なDMと比べて開封率が高くなります。
また、二つ折りタイプならば2倍、三つ折りタイプならば3倍の情報を掲載できるので、より多くの情報を伝えられるというメリットがあります。
その他、郵便料金を抑えられる点も大きな魅力で、封書と比べて手間やコストを削減しながら効率的なPRが可能です。
なお、圧着タイプのハガキには様々なバリエーションが存在し、情報内容や予算、ターゲットなどの条件をもとにしながら最適な物を選択できます。



圧着のハガキで宣伝効果を促すために

携帯電話の普及でメール便の宣伝が多くなっていますが、より効果を期待するために、圧着のハガキが企業に人気を得られています。
普通の広告、宣伝のハガキが届いた場合、すぐに捨ててしまうこともありますが、圧着されている場合、開こうという心理が働きます。
その結果、ハガキの内容も見ようとします。
方法は、シールと糊があります。
シールは、表面がつるつるしているので、返信の必要がある場合は、糊タイプで、筆記ができるようになっているものがおすすめです。
郵便可能なサイズや重さが制限されているので、製作時は注意しながら作ります。
圧着は、1面と2面にするかで、ページ数が異なり重さも変わります。
そのため、用紙の厚さを薄くすることもあります。
ただし、あまり薄すぎると、受け取った人が保管しずらくて捨ててしまうリスクがあります。
販促効果を意識しながら作成することが大切です。

次の記事へ