圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > 圧着タイプのハガキなら情報の秘匿も可能

圧着タイプのハガキなら情報の秘匿も可能

圧着するタイプのハガキなら、何が書かれているのかが、受け取った本人にしか分かりません。
開けてみるまで中に何が書かれているのかは分からないので、個人情報等を記載することも可能になります。
コアな情報が記載できるという意味では、封書などと変わりがないこととなります。
通常のハガキでは、個人情報を秘匿することはまず不可能なので、この点で利用する価値は高いです。
封書に比べてもコストは安く済ませられるので、公的な機関が使用することも多くなっていますね。
年金のお知らせなども、こうしたタイプのはがきで届けられることが多くなっています。
割と簡単に作成ができる点も見逃せません。
最新式のプリンターなら、圧着タイプのはがきを自宅で作ることもできます。
わざわざ業者に頼まなくても作れますから、気軽に利用はできるはずです。



圧着部分を考えDMマーケティングでハガキを利用

低価格なDM商法として話題を呼ぶ圧着ハガキは、リーズナブルな単価で商品の案内やイベントへの招待が可能となる理想的なDMといわれています。
利用するに当たり、必要となるものを確認することがよい結果につながるでしょう。
ポイントとして挙げられているのは、必要としている情報をどの程度わかりやすく伝えられるようにするか、圧着している部分に正確に詳しく情報を掲載しているかどうかです。
正確な情報をわかりやすくチェックする事が、よりいっそう必要とされている為、はがきを作成する業者との相談によって、レイアウトを完成させてください。
また、カラーの数によって単価が上がることは知られていますが、費用対効果を考えてフルカラーにする企業は少なくありません。
必要な情報を正確に書き込み、後はイラストや魅力的な商品写真を掲載して購買意欲を高める戦略も少なくありません。



プライバシーを守れる圧着タイプのハガキ

現代はインターネット社会ですが、情報の漏洩などがニュースになっています。
メルマガなどは現代の人気の宣伝ツールですが、昔からあるのがチラシやビラなどがあります。
また郵送するダイレクトメールも昔からありますが、今は圧着タイプのハガキが活用されています。
このタイプは二つ折りになっている形をしていて、内側には様々な情報が印刷されています。
そして特殊なのりで圧力をかける事でくっつき、はがす時も特にはがすものを使わずに取れるのが便利です。
この圧着タイプのハガキには定番以外にも、オフセットやホーム印刷のタイプなどがあります。
使っている紙にはつやありのタイプとつやなしのタイプで、他にも上質紙などから選べるようになっています。
圧着タイプのハガキは内側がくっついており、送り先の人にだけ情報を知らせることができます。

次の記事へ