圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > 圧着タイプのハガキを利用するメリット

圧着タイプのハガキを利用するメリット

新しく販売する商品や新サービスを宣伝する時に、ダイレクトメールを利用される方も多いでしょう。
ダイレクトメールにも様々な種類がありますが、中でも閲覧率が高い物に圧着タイプのハガキがあります。
圧着タイプは特殊なのりで貼り付けられており、一度剥がすと引っ付く事はありません。
中に情報が隠れている事を表面に記載しておくと、多くの方が気になり情報を見る傾向にあります。
他のダイレクトメールに比べて情報が広がりやすい事が最大のメリットとなります。
さらに、近年ではインターネットから業者を探して注文する事が可能です。
実店舗に比べて料金が安く、サイズや用紙の種類も豊富に選べるのでチェックしておくと良いでしょう。
圧着タイプを扱っている業者も沢山探す事が出来るので、依頼前に費用や納期スピード、サービス内容などを比較してから決めると良いでしょう。



圧着されたハガキの特徴を知ろう

圧着ハガキは特殊なニスを使って全面を接着したもので、剥がして見ますが1度剥がすと2度と付きません。
その為、開封したことが分かってしまうので、本人以外に見られる可能性が低くなります。
2つ折りや3つ折りになっている分スペースが広くなるので、2倍~5倍とより多くの情報を伝えることが出来ます。
通常のハガキの大きさや重さの規定内でしっかりと全面が接着されていれば、料金は変わらないのでお得です。
接着されて中身が見えないため、個人情報等の重要な内容を他人に見られる心配がなく安心です。
また隠れていると見たくなる、くっついてると剥がしたくなるなどの人間の心理から、開封率が高いのでダイレクトメールにもよく使われます。
ただし圧着ハガキは水に弱いので、もし濡れてしまったら無理に開封せずに乾くのを待ちましょう。
無理矢理開くと破れたり、接着剤がうまく剥がれなかったりして、大切な情報を得ることが出来なくなるので気を付けましょう。



圧着タイプのハガキDMは様々なメリットがあります

自分の会社の商品や新サービスを多くの人に知ってもらうために、広告宣伝の手段としてダイレクトメールを取り入れている会社は多いのではないでしょうか。
多くの人の目に止まりやすい最も高い宣伝効果があるので、販促活動のひとつとしても欠かすことができないものかもしれません。
ダイレクトメールと一言で言っても、実にさまざまな形態がありますが、中でも注目を集めやすいのが圧着タイプのハガキによるダイレクトメールです。
自分で糊付けされている部分をはがして印刷されている情報をチェックするタイプのものなので、興味を持ちやすいというメリットがあります。
また、一般的なハガキとは違い、載せられる情報量も多いので、知ってほしい情報をしっかり届けられるのも会社側にとって大きなメリットと言えるでしょう。
最近は、実店舗を構えている業者さんが運営しているダイレクトメールの印刷を専門に行っている通販サイトがあります。
格安な料金で高品質なダイレクトメールの印刷を行ってくれるので、利用する人も増えています。
もちろん圧着タイプのハガキDMにも対応しているので、取り入れたいときは相談してみると良いでしょう。

次の記事へ