圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > 圧着式のハガキにはタイプがいろいろとあります

圧着式のハガキにはタイプがいろいろとあります

圧着式のハガキにはいろいろなタイプがあり、V折りタイプやZ折りタイプなどがあります。
その中で、一般的なのがV折りタイプで、他の人に見られたくないことお知らせなどにも使われています。
そして、Z折りタイプは情報量を多くすることができ、宣伝効果が高くなります。
最近は、クーポンなども付けて送る企業も増えていて用途が広がっています。
そして、もっと大きいサイズもありA4のサイズになると写真などの画像も大きく載せることができ、普通サイズよりも開いてみてもらえる確率が高くなります。
もちろん、その分送料や印刷代などが高くなりますが、効果的に宣伝をすることができます。
オプションとして宛名書きも一緒に行ってくれるところもあり、宛名データを事前に送っておく必要があります。
大量に作成をするときにはこの方法が一番早く確実です。



圧着のハガキのメリットを紹介します

世の中には、様々なハガキが存在します。
ビジネスの販促ツールとして利用されるのは、圧着されたハガキを用いることが多いです。
それは、メリットが大きいからです。
企業としては販促でダイレクトメールを送ることになりますが、メールや通常のハガキでは読んでさえくれないこともあります。
それだと販促の効果が低くなってしまいます。
しかし、圧着されたものでしたら読んでくれる確率が高まります。
すなわち、開封率が高くなります。
人は中が見えない状態であると、つい開封したくなる心理が働きやすくなります。
つまり、人の好奇心を誘うわけであります。
これによって開封率がアップします。
一度読んでさえくれれば、企業の商品やサービスを伝えることができます。
これが一番のメリットとなります。
ですから、多くの企業ではこうした方法でダイレクトメールを送ることが多いです。



販促に効果的な圧着タイプのハガキ

圧着タイプのハガキは、掲載できる情報量や注目度の高さ、コストなど、様々な面でメリットがあり、販促を行う上で大変役立ちます。
例えば、二つ折りや三つ折りといったタイプでは、一般的なハガキと比べて何倍もの情報を掲載できるため、より多くの情報を伝えたい場合にも活用できます。
また、圧着部分は開くまで内容が分からないので、隠れている部分を開いて内容をチェックしたいという好奇心を刺激し、通常のDMよりも開封率が高くなるというメリットがあります。
コスト面では、封書と比べて送料が安いため、大量に発送する場合でもコストを抑えられる点が魅力です。
なお、圧着タイプのハガキを制作する際には、専門業者への依頼がポイントで、希望条件に合ったタイプをスムーズに選択できる他、大量注文の場合でも素早い対応が期待できます。
専門業者はインターネット上にも多数存在し、全国の幅広いエリアから手軽に依頼できます。

次の記事へ