圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > 沢山の情報が載せられる圧着タイプのハガキ

沢山の情報が載せられる圧着タイプのハガキ

二枚の紙が接着されていて剥がして広げることのできる圧着ハガキは宣伝などにとても便利です。
紙の大きさは通常葉書の2倍になり、通信面は宛名面を除いても3面になり通常葉書の3倍とれます。
郵便で送るときには普通の葉書の料金で送ることができるのでより沢山の情報を安い料金で効率よく記載することができます。
一般家庭では企業からのダイレクトメールで目にすることが多いタイプです。
文具店には自分で圧縮ハガキを作る便せんなども売っているので個人間の手紙のやり取りにも便利です。
またポストカードと違い、文面を他の人に読まれる心配がないので安心です。
そんな圧縮ハガキですが気をつけたい点がいくつかあります。
まず間に物を挟むことはできません。
無理に挟み込むと落ちる恐れがあるだけでなく郵便料金も変わってきます。
またシールなどを貼りすぎて重量オーバーにならないように気をつけましょう。
このタイプの葉書は濡れていると接着部分が上手にはがれず中の文字が読めなくなってしまうことがあります。
乾いた状態で開いてもらうよう注意書きが必要です。



圧着しているハガキを宣伝に使う理由とは

郵便料金が値上がりした今、ハガキが宣伝によく使われるようになりました。
大体、圧着してものは従来のモノと違って宣伝スペースが広いです。
表は宛名を書くスペースでもめくると宣伝を載せるスペースが数倍も広がります。
おまけに圧着ハガキを作ってくれる業者は沢山存在しています。
お店や会社などの宣伝を考えているのなら業者に相談すればいいということです。
大体、宣伝費用がおさえるだけではなく、業者によってはデザインも相談に乗ってもらえます。
結局、内容によって宣伝効果もぐっと変化するからです。
確かに利用する際には業者との念密な打ち合わせが必要になります。
しかし、利用することによって顧客数を上げることができます。
それにハガキと封書では値段に違いが出ます。
宣伝コストを下げることによって経費が削減され、その分だけ収益が伸びるでしょう。



ダイレクトメールに最適な圧着タイプのハガキとは

ハガキの広告はターゲットである送付先に届くというメリットがあり、多くの企業が様々な方法で活用しています。
しかし、通常のサイズであれば印刷部分が限定され、情報を可能なレベルまで圧縮させなければなりません。
そこで活用されている圧着タイプのハガキは、広告スペースの拡大と印刷の美しさにおいても好評です。
また、粘着部分をはがして開くため、通常サイズの2枚から3枚分の印刷面が利用でき、広告費節減に貢献する点もポイントとなります。
サイズはロングも含めて複数の種類から選択できますので、1種類以上の商品掲載や年配者用の大文字印刷も可能です。
近年は業者サイトからデータを入稿するシステムが主流となり、デザイン用のテンプレートがソフト別に用意されています。
指定ソフトが異なる場合もあるため、入稿前でなくデザイン製作前の確認が大切です。

次の記事へ