圧着ハガキで変わる業績 圧着ハガキLAB

三角の画像

トップ > 圧着ハガキ情報 > N折圧着ハガキで通常の3倍の情報量

N折圧着ハガキで通常の3倍の情報量

宣伝広告としてハガキを使うことが多くなっています。そのため、できるだけ多くの情報を載せて送ることが大切です。
そこで、V折やN折の圧着ハガキを利用することによって、普通のハガキよりも情報を多めにすることができ、情報量を3倍にできるというメリットがあります。
しかも、圧着ハガキは基本的には剥がさないと中身が見れないため、お得意様や特定の人だけに知らせたいときに活躍します。

それだけでなく、普通のハガキよりも目につきやすいという部分もあります。表に特別なお知らせなどと書いてあると中身を開きたくなります。
そのため、かなりの確率で中身を確認してもらうことができます。そして、業者に依頼をすることでデザインから宛名印刷まで行ってもらうことができます。業者によって異なりますが、テンプレートが用意されていて、その中から目的に合っているものを選んで作ることができます。あらかじめテンプレートがあることによってイメージがしやすく、一からデザインを依頼するよりもコストを抑えることができます。もちろん、データ入稿も以前のように郵送ではなく、メールやファックスなども対応しているところがほとんどです。しかも、N折にすることで幅広に情報を載せることができるため、タイトルも大きく目立たせることができます。そして、裏と表から開けるようにすることもでき、視覚効果を高めることもできます。例えば、表からは目玉商品の広告を付けて、裏には割引券などにすることができます。
サイズも一般的なハガキサイズから大判まであり用途に応じて選ぶことができます。
もちろん、その分送料などは多くなりますが、多くの情報を載せられるというメリットがあり、写真を多く入れたいというときに効果があります。

そして、業者によってオプションがあり、剥がしやすいようにコーナーカットをしてもらったり、切り抜き加工をしてもらいワンポイントを付けるということもできます。
そして、便利なのが宛名印刷をしてそのまま投函代行までしてくれるというサービスです。これを利用することによって、短期間で発送ができるというメリットがあります。そして、業者によって料金が異なり、基本的には大量に作成をすることによって単価を抑えることができます。そして、加工費なども含まて見積もりをして依頼をする業者を決める必要があります。そして、宛名印刷も依頼をするのであれば、個人情報を教えることになるので、管理体制がしっかりとしているところかも確認が必要です。

次の記事へ